しぐさ 表情 性格 心理

人の行動、体の動きのしぐさから見た、その人の隠せた性格、心理記事一覧

人の後ろを歩く人は、その人の隠れたの、臆病の気持ち、不安、自信がない行動の現れです。人は大勢もしくjは数人での行動をする時に、移動する時に集団で移動、行動しますが、その中で人の後ろを歩く人がいたりします。普通であれば、会話をするなどどして固まって移動、歩くなどをしますが、その中で人の後ろを歩く人が居る場合には、その人はその集団での名kで不安や自信なさの思考が働き、後ろの場所が安全であるとの認識で、...

帽子をかぶる人は、その人のは自己主張が強い、自己顕示欲が強い心理の現れです。ファッション的に服にコーディネートして帽子を被る人、野球帽を常にかぶっていたり、中にはダンガリーハット、羽のついた帽子など、様々な帽子をかぶって自分は他の人と違うように目立つようにしてる人います。電車の中、歩きながらでも常に帽子をかぶっていて、帽子をかぶっている人は服の一部になっているところまでトータル的にこだわっている人...

人間は無意識に出る仕草から性格やそのときの心理を察することができます。誰もが大人になっても引きずっている幼い頃からの癖を持っています。それが仕草として出るときはかなり感情が揺れ動いていると見て良いでしょう。初対面で話をしたときにどんな性格をしていて今の心理はどうなっているかわかれば様々な人間関係で上手くやっていきます。育ちが良くてもなくて七癖あって四十八癖というようになかなか癖は直しにくいものです...

人に指指す人、ペンで指差す人は、その人のは自己主張で人の意見を聞かない心理の現れです。テレビなどで人に向かって指をさす人、ペンで指差す人の光景をめにします。少し乱暴のような感じがすると思いますが、実は人に指をさす人は自己主張的な考えの思考をしている人で、このような人は上から目線にいたり、話し方も少し強引的な話し方をします。指差す人のまわりを見てみると、指差す人を中心にしてまわりの人が一弾下がった雰...

頭をかく、かきむしる人のしぐさは、ストレス、緊張している心理の現れです。ひとのしぐさで、頭をかいている人がいますが、その場面では照れくさそうにしている時や、緊張してストレスがかかっているとき、精神的に乱れていていらつきが出ている時に、無意識に出ている行動でのしぐさになります。端から見ていると、頭をかく行動は不潔の印象を与えてしまいます。フケなどの飛散などを落としてします行動面と、精神的な面に別れま...

友人同士でじゃれあう時に、相手の気軽に頭をたたくということはよくあります。お笑い芸人が相手を突っ込む場合にも、よくやるしぐさのひとつです。子供同士やよほど親しい相手にこれをやるのはいいのですが、ときとして知らない相手にも無差別にやる人もいます。こういった場合では相手がなにを考えているのかわからないため、どんなリアクションを取るべきか判断に迷う場合もあります。またたたくという行動を、自分の頭に対して...

服を触るしぐさは、好意、母性本能、性的欲求の心理の現れです。人のなかにはやたら服を触るしぐさをする人がいますが、この行動には相手に対する好意の心理、幼児期に愛情を受けた母性本能の欲求心理、性的欲求の心理が含まれています。やたら服を触る人についてですが、自分の服を触る人の場合には寂しい心理の時になんかに縋りたいとの欲求心理で、自分の服を触る事で、手が体に触れている事で感覚で落ち着くことが出来る。また...

人の話しを聞くときに、頭の後ろで手を組んで聞く人がいます。こういう人はとてもリラックスして聞いている場合が多いです。何故ならこういう姿勢だと、不測の事態には、手が出せないからです。ですので、その人を信用してリラックスして話しを聞いていると見て良さそうです。こういう場合は、話す方もリラックスして楽しく会話が出来そうですね。しかし腰の辺りの後ろで手を組む場合は全く違う心理が働いています。腰の後ろで手を...

相手の胸元を触るときは、受け止めてほしい、性的欲求の心理の現れです。普段の生活の中で、相手の服装が乱れていて直してあげる行動は時に意味合いを持ちませんが、異性の対して胸元を触る、胸元の服装を触る時のしぐさの心理の中には、受動的な心理の現れで、具体的には自分を受け入れてほしい、受け止めて欲しい時の心理を表しています。男女のお互いの付き合いが服ななるつつある間の人の場合は、更に深く性的欲求を含み心理が...

飴かかむしぐさは、忍耐力などに性格心理の現れです。飴をかむ、舐めること。この単純なしぐさで、その人の忍耐力などの性格が現れています。飴は味を楽しみながら舐める、噛み砕いて食べるという単純な行動なのですが、この単純な行動がその人の忍耐力・根気度が出ています。飴を、最初から最後のなくなるまでじっくりしたで転がしながら溶かして、味を楽しみながら最後になくなるまで舐めるひとは、根気よく、途中であきらめない...

自分のお腹を触るしぐさは、不安から逃れたい、自分を守りたいとの防衛本能などの心理の現れです。人は、身を守る時、体を守る時にお腹を覆って体を外敵から守ろうとする行動、お腹が痛いときにお腹を擦る行動をしますが、この行動と同じことが普段の行動でも出ています。お腹の中には内蔵の臓器がありこの臓器を損傷すると生命の機器に直結するわけですのお腹を触ることは当然です。この行動は恐怖の体験をしたときなどの不安の時...

バタバタ音を立てて歩く人は、その人は自己主張で性格な性格の現れです。ハイヒールや革靴で歩く時に、音を立てて歩く、バタバタして歩いている人や、カタカタ音を立てて歩く人がいますが、この歩き方をする人は、見ての通りセッカチな性格で、自己中心的で、身勝手な考えの人の行動心理になります。特に時間に追われていないにもかかわらず、セッカチといるよりも慌ただしい歩く事、すなわちあたかも急いでいる素振りをしている傾...

大股で歩く人、その人は自己主張がり、自信家の性格の現れです。早歩き人、その人は目標まっしぐら、少々セッカチでな性格の現れです。・大股で歩く人は自分に対して常に自信を持って行動している性格の人で、比較的に明るく考えることの出来る性格です。考えも深刻に考えることよりも、ポジティブ的な考え方の影響で、明るく行動が出来る人になります。性格的にも、リーダーシップを取りやすい、はっきりした性格の為にまわりを引...

縁石を歩くのがスキな人>、その人は優越感を実感してる心理の現れです。子供のころで、道路に縁石があるとついついのってしまい、母親に怒られた経験があるひとが多いと思います。この行動には、子供心にも人より高いところに登りたい、人の上に立ってみたい、お山の大将気分をあじわいたい、周りが見える高いところに登りたいなどの心理、今日も本意の心理などが働きをしています。この行動は、実はおとなになっても抜け切れてい...

鉛筆をかむ、ペンの端をかむ行動、その人は不安やストレスを感じている心理の現れです。勉強中や書類つくりなどをしていて、ふと気づくと鉛筆を噛んでいたり、ペンの端をかむ行動をす人がいますが、この行動の心理には不安やストレをかんじていている心理の現れです。自分が思うように物事が進まなかったり、問答をかいける出来なかったりした時に、何か他の物にストレスや不安をぶつけないと精神的にバランスが取れない時、無意識...

ガムを音を立ててカム人、口を開けてガムを噛む人、その人は自己中心的で、かつ無神経の性格が行動から現れています。ガムは口臭、ストレス、眠気防止などや、口さみしい時などには有効で、最近ではガムはを勤務中でも噛んでいる人が多く見られます。以前では勤務中では嫌がられた時代もありますが、ガムは精神の安定でも効果的のために、例えばプロ野球などの場面でもよく見かけることが多くなりました。ただ、ガムを人のいる場所...

車を運転していて、普段から想像できないような行動をする人の心理とは、実は運転中の心理がその人の隠れた本当の性格です。運転しているマナーや精神状態で、普段はおとなしい性格出会ったり、危険な素振りを見せない人が、車を運転すると人が変わったようになる。運転のマナーが悪く自己中心点な考えになったり、自己中心点なマナーが出会ったりすることに出会ったり、同情したりすることがありますが、車を運転している性格、マ...

人は怒られた時や、思わぬ時のもんだでの返事や、対処のしかたで性格が判断できます。< 弁解もせずに謝る人 >この返事のしかたの人は、弁解もせずにまず先に”謝る”事をします。自分が間違いをしたことをみとめ、ひたすら謝る場合もあります。返事も「すいません」とストレートな謝り方をします。場合により自分に非がなかったとしても、まず先に謝る行動、発言をします。それは、自分が折れることで問題点を大きくしないよう...

人はふとした時、ストレスなど不安定の時に、無意識的にてをつねるしぐさ、行動をします。人と話している時や、一人でまわりから精神的に遮断されている自己の世界に入り込んでいる時などに、この行動をします。精神的に不安定、不安を抱えている時、悩み、寂しさを持ち合わせた時、何かしら苛立ちや自分の中で消化出来ない事態が降りかかった時などが具体的な場面になります。具体的な行動としては、手のひら、手の甲を指でなぞっ...

手先は、生活の中で様々な役割をもって、人の動作を伴います。それ故に、手先の動きは周囲の人にとっても、目立つ行動になる事があります。指を噛んでしまう人も見られます。この仕草は、その人にとって、暫くの期間クセとして染み付いてしまっている場合もあります。一人でいる時に、指を噛む人の心理は、手持ち無沙汰で行っている、暇つぶしの様な感覚も認められます。クセになっている行動でもあるため、目的をもってやるべき事...

咳払いとは、ただ喉に何か異物が入ったり乾燥していたり風邪を引いている時に出るコホコホと軽く何度も出るような咳とは違い、ゴホンと一発わざと出す咳のことです。無意識にやっているのではなく、意識的にやっているもので、一種の合図だったり相手に対しての怒りだったり何かしら他人にアピールしたい時に使います。例えば通りたい道で邪魔な人が居て、どいてほしい時に咳払いをして相手に自分の存在を知らせたりします。咳払い...

ポケットに手を入れて話をすつ人は、その人の心理に警戒心や威圧しようとする心理にの現れです。人にと話をする時に、人によってはポケットに手を入れて話をする人がいますが、この人の行動心理には、自分の心のなかで、相手の人との距離や、態度、内容などに警戒心を持っています。他には、相手を威圧しようとするする心理、不安な心をと抑えようと手をポケットに入れて、自分を守ろうとしている無意識にしている隠れた心理の状態...

頭の中で考える事は、周囲の人には推し量る事ができない場合が多くあります。しかし、ちょっとした動きを見逃さずにいると、その人の現在の気持ちを読み取る事も可能な場合があります。空想癖がある人は、物思いに耽るしぐさをする事があります。寛いだ場面では、机の上に両肘をのせて両指を絡ませ、アゴをそこにのせたりする行動になる場合があります。心理状態としては、空想内容に身を任せた状況でもあります。自分だけの世界に...

人が思考する内容については、周囲からはそれを読み解く事は難しくなります。唯、行動に思いが表れる事もありますので、じっくり観察すると、その人の考えている事が読み取れる場合もあります。中には、妄想癖をもつ人も存在します。言葉にするよりも、まず頭の中で想像する癖がついています。性格としては、引っ込み思案な人のケースも多く見られます。人と接触する際にも、相手の言動を読み取り、頭の中で妄想を膨らませている場...

指を噛むしぐさは乳幼児など小さい子供であればよく見かける光景です。通常であれば、子供のうちは指を噛むのが癖になっていても成長するにつれて大きくなればそのしぐさは自然となくなっていきます。ですが、ある程度大きくなっても、大人になっても指を噛む癖がある人が居ます。その心理としては、小さい子供が指しゃぶりやおしゃぶりをして安心感を得ていることと同じことになります。噛んでいる間は心が落ち着いて、気持ちが安...

人のもっている性格は、生まれつきの場合もありますが、後天的に環境によって培われる場合もあります。性格が言動に繋がる場面は多く存在しています。負けず嫌いの性格の人もいます。何かにつけて、負けたくないという行動に繋がるケースがあります。小さい時から、この様な性格の場合には、例えば野球であったり、勝負に直結するスポーツなどに親しんでいた男性にも多く見られるケースです。自分のやった事が、勝敗に繋がるため、...

会話の途中で自分をダメ人間という自嘲癖のある人に出会ったことはありませんか。最初は日本人特有の謙遜や謙虚さを美しいと考える人なのだと思えるかもしれません。しかし、話が進むうちにどんどん自分の価値を下げる言葉が出てきて聞いてる側がイライラするくらいの自嘲癖だと困りものです。あまりにも日常生活に差し支えます。臆病になって動くべきときに動けないとか絶好の機会をつかみ損ねてしまうのです。これが何度も繰り返...

男性、女性ともそうですが、相手がよくするしぐさがいつの間にかうつるようなことはないでしょうか。この場合、相手は特に異性とは限らず同性も対象です。仲の良さも関係なく、気づいたら相手と同じ行動をしてしまうこともよく見られることです。この場合、相手の真似をする方は気づかない場合も多く、第三者の立場なら気づきやすくなります。そのため、人に言われて初めて気づくこともあり、なぜ同じようなことをしてしまうのか本...

朝起きて出社しようとして思っていても、体が重く布団か出れない。起きていても、憂鬱で体がだるく、気が乗らない。会社へ出社する時間になると、体の調子が悪くなり、時にはお腹が痛くなり出社の時間に行動することが出来ない。結果、会社へ遅刻、欠勤。このような行動をすると周りからは、怠け者とかやる気が無いとの判断をされることが多く、その人の評価は下がってしまいます。ただ、当本人気持ち的には怠け者のような考えをし...

その時の心理状態がしぐさに現れることは、少なくありません。イライラした時に頭を掻きむしったり、緊張した心理状態では、まばたきが多くなったりすることもよくあることです。しぐさを見ると、その人の今の心理も分かってしまうこともあり、相手に心理状態を知られたくない時は、なかなか隠すのも難しさがあるようです。様々な心理を現すしぐさですが、中には自分の頭を叩くなど、自分の体に痛みを与えてしまうこともあることで...

あなたはlineで突然名前を呼び捨てにされたことはありませんか。その心理とは一体何なのでしょう。まず考えられる心理の一つとして好意をもたれている場合があります。呼び捨てにするということは仲良くなりたいという意思の証拠です。人間は、さんやくん付けで呼ぶよりも名前を呼び捨てで呼んだほうが親しみをもちやすいと言われています。つまり、自然とあなたに好意を抱いているということが考えられます。また、lineだ...

車の運転では、運転する人の性格が表れるとよく言われます。普段の行動とは、全く違った心理状態などが読み取れる場合もあります。車の運転に関して、スピード狂になってしまう人もいます。元来がせっかちな性格の人は、車の運転でも、心理状態が継続する場合があります。そのために、スムーズに平行してスピード狂になってしまう人も見られます。せっかちな性格でもあるため、スピード狂になる事によって、時短を実感している心理...

話す時には、相手の目を見て会話に及ぶ場合も多くあります。目の表情が、会話をしている人の心理状態を表している場合などもあります。目を閉じて話す人もいます。職場などでは、上司が部下との会話をしている場面で見られたりする事があります。この時の心理状態は、目を閉じて部下の話に耳を傾けている状況でもあります。目を閉じて、内容を咀嚼している状態ともいえます。そこから部下に自分の意見を述べる場面へと繋がります。...

人が行う仕草で、指先に関するものも多く見られます。爪をこする人も多く見られますが、心理状態は複数の状況が推察できます。爪をこするのは、特にやる事がない時に、癖として行う場合があります。その時の心理状態は、空虚な場合も多くなります。例えば、仕事をしている時に、人からの指示で動くという場面なども存在します。指示が止まってしまった時などに、爪をこする癖を見せる人もいます。心理状態には、時間をもて余し気味...

時間が空いた場合、ふとした仕草で指いじりを行う事があります。こどもに限らず、大人でも指の一部を使った仕草を見る事があります。大人の指いじりで、指先をよく触る女性が多く見られます。最近では、ネイルを施している女性も多く、爪を触る回数が多い場合があります。ネイルを施している女性のこの時の心理状態は、会話などよりもかなり指先に関心がいっています。ネイルは、定期的にネイルサロンなどを利用して、専門の人から...

歩くなどの動作は、誰でも行う動作であり、音などがしなければ、特に気に止める事もなく過ぎてしまいます。でも、足をすって歩く人などもいますので、歩き方の特徴から、心理状態を読み解く事も可能になります。足をすって歩く人の心理状態は、一つには、何か目的をもっていて、目的に向かって集中している場合があります。本人は、足をすって歩いている事に気づかず、目的、あるいは目的の場所や人に向かっている状況です。本人の...

爪を鳴らす癖があるという人がいます。このように毎日の生活の中で爪を鳴らす癖があるという人は、次のような行動心理が隠されていると考えることができます。爪を鳴らすと言うほかにいじったり噛んだりする際にはいくつかの行動心理がありますが、子供だけではなく大人にも見られる癖となります。子供の頃から爪を鳴らすというような癖がある人は、大人になってもこのような行動を続ける人が多くなっています。なぜこのように爪を...

電車の中などで目の前に座っている人が爪を噛んでいたら、ほとんどの方が不潔さや幼稚さを感じるかもしれません。ただ、爪を噛む癖は、人にそのように思われるから辞めた方が良いだけではありません。指先や爪には、多くの細菌がついている可能性が高いからです。この癖によって、自ら細菌を体に入れているものです。人から見たら、なんで大人なのに爪なんて噛んでいるのだろうと呆れてしまうかもしれませんが、この癖のある方には...

人と対面する場合には、相手によって多少態度や言動が変わってくる事もあります。場面によっては、自分を下げる形で、対応をするなども有り得る事です。自分を下げる人の心理状態は、常に周囲を気遣う気持ちを有している場合があります。目的としては、例えばその場の雰囲気を良くするため、あるいは仕事が上手く回るために行う場合もあります。自分を下げる事で、周囲の人を上の立場にしてあげる状況になります。慎み深い心理状態...

生活や仕事をしている中では、怒りを感じる場面なども存在します。必ずしも、感情をストレートに表現してよい状況ばかりではありません。怒りを我慢する仕草などもあります。顔にどうしても気持ちが出てしまいがちになりますが、目をそらしつつ、眉間にシワを寄せた状態などです。目をそらすのは、怒りを我慢して、相手に気持ちを悟られたくないから見せる仕草でもあります。本人にしてみれば、怒りの感情を隠して我慢しているつも...

人との会話では、相手の話す言葉によって、その人のこころの動きを読み取るなどが可能になる場合が多くあります。同じ言葉を繰り返す人も見られます。性格としては、慌てる傾向が多い人にも見られるものです。会話などをしていても、先に急ぐがために、同じ言葉を二重に発してしまう事があります。気持ちが焦る事で、例えば相手に同意する様な場面でも、相手の言葉を使って繰り返す事があります。心理状態としては、そうそう、とい...

ファッションとして、帽子を取り入れる人も多いですが、かぶり方は人によってかなり違いもあります。かぶり方によっては、個人の心理状態が表れている場合もあります。帽子を深くかぶる人の心理状態は、一つには、他者と余り関わりたくない気持ちがあります。深くかぶる人は、自分の顔を隠したい気持ちをもっている事があります。何故自分の顔を隠したいかというと、周囲に自分の存在が気づかれたくないからです。自分の存在が気づ...

十人十色という言葉があるように、性格とはそれぞれの個性が出てくるものです。このため、傍目から見れば突飛な行動を取る人が時折見受けられます。では、高い所に登りたくなる性格の持ち主とは、どのような傾向にあるのかと言えば、単純に高い所が好きなだけ、というのがまず考えられます。これは高い所を見つけた途端に登りたくなるため、周りを慌てさせる傾向にあります。しかし本人には悪気が一切ないので、同じことを繰り返し...

考え中に鉛筆をまわす心理を起こすには原因があります。それは精神を落ち着かせるための行動です。物事の考え中に鉛筆をまわす事で通常の何倍もの集中力が発揮されます。考え中に鉛筆をまわす心理を勉強に例えましょう。勉強をしていると簡単な問題があると当然、難しい問題もあります。難しい問題に直面してしまうと自然とやる気がなくなってしまうものです。つまり、勉強をする前に最後までやり遂げると誓ったはずなのに難しくな...