てをつねるしぐさ 癖 心理

手の平や、手をふとつねるしぐさ。その心理とは不安、ストレスが影響?

スポンサーリンク

人はふとした時、ストレスなど不安定の時に、無意識的にてをつねるしぐさ、行動をします。
人と話している時や、一人でまわりから精神的に遮断されている自己の世界に入り込んでいる時などに、この行動をします。
精神的に不安定、不安を抱えている時、悩み、寂しさを持ち合わせた時、何かしら苛立ちや自分の中で消化出来ない事態が降りかかった時などが具体的な場面になります。
具体的な行動としては、手のひら、手の甲を指でなぞってみたり、つまんで見たりしたりする行動です。
この手をつまんで見る行動は、ある意味自傷行為に似た心理で、精神的にバランスが取れなくなにかしらの刺激を無意識に体が要求し、刺激を感じることである意味精神的にバランスをとっています。
つまんでみたり、つねってみたりの刺激の大きさは、精神的に受けている深さにより行動がかわり、精神的に悩みから不安、圧迫感が一歩深く精神に入り始めると、つまむ行動からつねる行動に変化します。
場合により、手では収まりきれない時は自分の持っているペン、箸など道具での自傷行為に出ることもあります。
また、この時の人の姿勢でも謙虚に出ることがあり、それはその人の姿勢です。

スポンサーリンク

精神的に悩みや不安、ストレスなどを抱えていて、このつねる行動している人は決まって姿勢が悪く、猫背になり体を丸めた姿勢でいる特徴があります。
確かに体の内臓を守る無意識の行動で、不安を抱えている人は無意識に内蔵を隠そう、守ろうとしてお腹を守りますが、精神的にプレッシャーがかかっている為に、無意識にお腹をかばっている心理も同時にでているともいえます。
では、このような状態の時はどの方法が対処として向いているかというと、手をつねる行動と同時にお腹を守る無意識の行動で体を丸めた姿勢と話しました。
効果的である方法は、まずは姿勢を正すことから始めると効果的です。
精神的に体の内面に神経が集中していますので、姿勢をただし、前をむくことです。
前をむくことが、胸を張るにつながりますので、精神的に落ち着きの感覚を捉えることができ、この行動が一歩前を向ける第一歩で、この第一歩が出せると、負の思考から抜け出せます。
他に、人に今の心境を聞いてもらう。
これは相談でなくとも、ただ聞いてもらうだけでも効果的であリますので、是非是非やってみます。
少しでも、不安や悩みをなくしストレスを減らします。
きっと笑顔が戻ってきます。

スポンサーリンク

 

関連ページ

人の後ろを歩く人の心理、性格とは
帽子をかぶる人、それば自己主張と隠したい気持ちの現れです
性格と心理が出る仕草 爪を触る癖
人に向かって指さす、ペンをで指差す人の心理は、自己中心的な人
頭をかく、かきむしるしぐさの人の心理は、ストレス・緊張の現れ
頭たたく心理に隠された性格とは
やたら服を触る人、好意、母性本能の心理が働いています
後ろで手を組む人の心理
相手が胸元触るしぐさ、受け止めてほいし心理の現れです
飴をかむしぐさで、忍耐力の性格が現れています。
自分のお腹を触るしぐさの人は、不安や防衛本能を現れです
バタバタ音を立てて歩く人、セッカチで自己中心的な性格の現れです
大股で歩く、早歩きの人、自信家で計画性をもった性格の現れです
縁石を歩くのしぐさは、実は優越感を感じている
鉛筆、ペンの端をかむ行動、不安、ストレスの現れです
ガムを口を開けて音をたて噛む人、自己中心的で無神経の性格の現れです
車を運転すると性格が変わる癖、理性が外れた本当の自分です
怒られた時の返事でわかる、性格とは
指を噛む心理は、不安を感じていますが、性格は様々です
咳払いをするしぐさの心理
ポケットに手をいれて話す人、実は、警戒心・威圧の姿勢の現れ。
空想癖は、しぐさや行動を伴って心理状態が表れます
妄想癖は、性格や環境が心理状態に影響して行動に繋がります
指を噛むしぐさをする人の性格と心理
負けず嫌いの心理は、周囲に良悪両面の影響が出る場合があります
行動から心理を見抜く 自嘲癖のある人の心理
相手のしぐさがうつる理由や同じ行動をしてしまう人の性格とは
出社したくない、行動が出来ない人はストレス性の出社困難症
自分の頭を叩く時の心理状態
lineで名前を呼び捨てで読んでくる相手の心理
車の運転でスピード狂になる心理状態は勝気な性格も表れ
目を閉じて話す人の心理状態は、異議を唱えたい気持ちを持っている
爪をこする癖を見せる人の心理状態は状況をもて余しています
大人の指いじりの心理状態は、不安な気持ちもの現れ
足をすって歩く人の心理状態は、わが道を行く気持ちが強い
爪を鳴らす癖と行動心理
大人や子供が爪を噛む癖心理
自分を下げる心理は立てる場合と、故意に行う行動の気持ちがある
怒りを我慢する仕草は、気持ちを悟られない様に努力をします
同じ言葉を繰り返すのは、周囲を気遣う性格や心理状態でもあります
帽子を深くかぶる人の心理状態は、他者との交わりを閉ざしています
高い所に登りたくなる性格とは
考え中に鉛筆をまわす心理